バランス

この世界は3次元…物質世界なんですよね。

 

だから絶対に対極が生まれてしまう。
対極がなければ「無」ですからね…^^;
エネルギーとしては対極にあるものは同じエネルギーです。

 

で、

 

対極が生まれるということはバランスが必要になる。
バランスって半々…だと思いますか?

 

半々でバランスが取れるものもあると思いますが
厳密に言えば全く同じものでなければ無理です。
この世に同じものなんて一つも無いと言っても良い。と
私は思います。(科学者では無いので突っ込まないでくださいね)
すると、それぞれに釣り合いの取れるバランスっていうのがあるはず。

 

f:id:saiaiyo:20180220152306j:image

 

そこを向き合って探すのが人間関係なのかな…と


そのバランスもずっと同じでは無いんですよね
人間だから変化するし成長する。
片方が変わればバランスも変わる。
同じ関わり方ではバランスが取れなくなるんです。

 

そこのバランスをとって付き合って行くのか…
離れるのか…ってところです。


ま、離れたとしても、それもバランスですから
またくっつく事もあるわけです。

 

面白い。

 

その振れ幅を楽しめる関係って相当な関係でしょうね。
一生終わらない気がします。

 

もっと言ってしまえば全ての事がそうなので
終わりはないんですけれど…
こんな事を考えちゃうのも面白くて…

 

やめられない(笑)

 

 

安全地帯を作りたい

キライ…って…

 

なんでわかってくれないんだよ。

って、

究極の甘えなんだよね。

 

母親の事、父親の事

キライ!って思った事がある人

多いんじゃないかな…。

 

今、思えば…甘えてたんだよね。

そんな事が言えるの

甘えられる人だからだもん。

 

 f:id:saiaiyo:20180218133332j:image

 

社会にでたらみんな

周りの人と上手くやらなきゃいけない。

仲良くしなきゃいけない。って

頑張ってる。

 

そんな自分を

解放させられる人だって事なんだよ。

大切な人。

 

子を持って

初めてわかるのかもしれない。

 

親は子供達の安全地帯。

 

ちゃんと安全地帯の作れる私でありたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

「偏屈親父」を思い出した

最近、「偏屈」と言う言葉を耳にして

「偏屈親父」って昔は良く使ってたよな〜

なんて思い出しました。

 

今あんまり使わないと思うんだけど。

 

あの人は「偏屈」だったんだ!

って気付いた事があって…

今でもいるのね…そう言う人(*´-`)

 

結構、希少価値があるかもしれない…。

 

でも、もう一つ気付いた事があって

私が「偏屈だなぁ〜」って思う事によって

「私が素直」って言うのが

当たり前のように発生する。

 

ここ大事ですね。

 

私が「素直」であるために

あの人は「偏屈」なんです。

 

偏屈が存在しなければ

素直も存在しない。

私の為にあの人は「偏屈」になっている…。

そう思ったら、可愛そうになってきました。

 

 f:id:saiaiyo:20180215175149j:image

たまたま、その時「偏屈」だっただけで

その後の私が「素直」である為に

ずっと「偏屈」になっている(笑)

 

難しいかな…

 

私が「素直」で無くなれば

あの人は「偏屈」じゃない。

 

うん。

 

私、素直にならなくて良いんだ。

素直なる…って私のフィルターだから

はずしちゃえばいい。

 

だからって「偏屈」にはならないですよ。

そんなの元も子もない(笑)

 

「素直」でも「偏屈」でもない

ただの私でいればいい。

 

光があるから影ができる。

光も影も本質は同じ。