人間は感情を味わうのが好き

昨日は久しぶりに息子の出演している舞台を観てきました。


チャイコフスキーの音楽はやっぱり良いですね…
バレエを知らない方も「白鳥の湖」は知っているんじゃないかと思いますが…
チャ〜ラララララ〜ララ〜♪のあの音楽です。
白鳥の群舞は踊る方は大変ですけど幻想的でとても綺麗です(*´-`)
物語はラストの解釈がいろいろあるみたいなんですが
今回はハッピーエンドでした。

 

 f:id:saiaiyo:20171211193559j:image


いつの時代も悲恋には感情を動かされます。
人間は感情を味わうのが好きなんです。
だから無意識で辛い状況にわざわざ自分を追い込んでいることがあります。


無意識だから苦しさに負けそうになる。
…けど、そこからの気付きは成長となる。(要は成長したいという事)
苦しまない人生であれば一番良いのかもしれないけど
それって人間らしくないっていうか…
苦しみも楽しみ…???Mだね…(Sというのか?!笑)
もしくは悟りきっている?!(…ありえないと思うけど)

苦しくても無意識に感じないようにしている場合もあるので…深いのです。
そういう人はふと気付いた時に孤独を感じたり…生きづらさを感じているんじゃないかな。

これからの時代はどんどん気づいていく人が増えるでしょうね…
みんな幸せになりたいはずなので。

まず、飛び交う情報に惑わされず
固定観念を外し…自分を感じる事が必要かな。
私も忘れないようにしよう。