トラウマの話

ほんの些細なことなのですが...

 

あ~これ

トラウマだなぁ~って感じることに

つい最近気付きました。

 

実は

昨年末に我が家のトイレのドアの鍵が壊れ...

トイレの中に閉じ込められた...

という経験がありまして…

(家でも毎回、鍵をかけて入る派でした)

 

文字にすると

笑っちゃいますけど

状況的には結構深刻で

その時、家に一人では無かったから良かったものの...

 

一人だったら何時間 閉じ込められていたかわからない...

 

と思うと、ゾッとしてしまいます。

 

f:id:saiaiyo:20180607140013j:image

 

それ以来、トイレの鍵をかけて入ることができなくなりました...^^;

 

自分ではなんとも感じていないようでも...

閉じ込められるのが怖いのです。

私は過去生からも、そこにトラウマがあるようで...

ほんとに怖いのです...。

 

外出先のトイレではもちろん鍵をかけていますけど...

 

こうやって経験した事がトラウマになって行くんですね。

そして、どんどん溜まって行く...重たくなっていく。

 

できるだけ、はずせるものは外して

身軽になって生きたいものです^^;

 

そこに「怖い」という思いがあるというのを

自分に理解させるだけでもだいぶスッキリします。

わかった上で、鍵をかけるかかけないか…は

自由です。

 

自分を知るというのは身軽になるということなのかもしれません。

 

モヤモヤしている時には

何か言いたい事があったり

我慢している事がある。

それが何なのか…

自分に聞いてあげる。

 

そうする事で

自分を大切にすることができます。